海に残る釣り道具「ルアー」 40分潜水して何個回収?

ここがヘッダーでござる

ダイバーたちが潜るのは、静岡・焼津の海。

水の深さは、およそ10メートル。
海底にある茶色い岩を探っている。

すると、手にしたのは、釣り糸がからまった「ルアー」。

彼らは、人呼んで“海の掃除屋”。
海に残された、ルアーと呼ばれるエサに似せて作られた釣り道具を拾っている。

“海の掃除屋”土井佑太さん「自分が動けば動くほど、目に見えて海がきれいになっていくので、そこは大きなやりがい」

始めたのは3年ほど前。

海から拾いあげたルアーはリメークして販売。
売り上げの一部を、こうした清掃活動などにあてている。

取材したこの日、海の底には、どのくらいのルアーが残されていたのか。

海に潜っていたわずか40分間で、回収したルアーは、およそ100個。

2021年は静岡県内の海に潜り、実に1万個以上のルアーを拾い集めたという。

日本全国の海や湖をきれいにするため、“海の掃除屋”の活動は続く。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です