上司がクマに体当たりされ… 崖から転落 下山の部下通報

ここがヘッダーでござる

雪が降り積もる冬山。
14日午後、「上司がクマに襲われて崖から転落した」と警察に通報が入った。

奈良・上北山村に登山に来ていた、28歳の男性会社員と上司の46歳の男性。

会社員によると、14日午前7時ごろ、2人は登山口を出発し、午前9時ごろ、大普賢岳周辺の登山道でクマと遭遇した。

クマは上司の男性目がけて体当たり。
そのまま一緒に崖からおよそ30メートル落下。

部下の男性が崖の下におりたが、クマはおらず、上司は頭から血を流して意識はなかったという。

その後、部下の男性は、携帯電話の電波が入る場所まで下山して、午後0時40分ごろ、警察に通報。

しかし、現場は激しくふぶいていて、捜索は断念された。

警察と消防は、15日朝から20人態勢で捜索にあたる中、昼ごろ、滑落現場付近で身元不明の遺体が発見された。

2人が登っていたのは大峰山系の山。

険しい地形で、一部、鎖で登る場所もあるなど、中級から上級者向けの山だという。

また、この一帯はツキノワグマの生息地。

奈良県によると、クマの目撃情報は2021年度は20件だったのに対し、2022年度はすでに65件と3倍を超えている。

専門家は、餌となるドングリの不作により、クマの行動範囲が広がり、2年ほど前から山やキャンプ場での目撃情報が急増していると指摘する。

NPO法人 日本ツキノワグマ研究所・米田一彦理事長「(クマに)キャンプ場で襲われる、テントを引っ張られるというのが、おととしからずっと(各地で)続いている。クマの動きが活発になってくると、そういう形で(人と)衝突が起きたのではないか」

さらに、ひとたびクマに体当たりされれば、致命傷は避けられないという。

NPO法人 日本ツキノワグマ研究所・米田一彦理事長「突進されれば、重傷化の可能性が高くなる。特に爪を左右に振り、立ったまま首や頭をやられると致命傷になる」

警察は、発見された遺体の身元の確認を進めている。

FNNプライムオンライン
https://www.fnn.jp/

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です